2016年 野ノ葉にヒカリがあたり芽吹いた chimera

 

飲食店のオーラを嫌い

 

出来る限り住宅街にひっそりとたたずむ

 

ヒスイのように輝く葉に毎日気持ちを問う

 

時には隔絶し遠くから窺がう

 

ある時は葉の呼吸に寄り添う 

 

そして刺激を与え

 

野ノ菜本来のチカラをiroiroなカタチで引き出す

 

人 自然 葉への尊ぶ気持ちをいつまでも忘れぬように